最後の手段?リバースモーゲージ

 自宅を持っている人の場合、リバースモーゲージで生活設計するという方法もあります。まぁ、個人的には最後の手段って感じがしますけども。これは、自宅を持っている人にしか出来ない方法で、その家を担保にして年金を受け取るのです。年金と言っても国からではありませんよ。銀行などの金融機関に家を担保として借金します。その借金が年金という形で支払われるということです。

 現金収入が少な過ぎて暮らしていけないという自宅持ちの高齢者には、確かに生きて行く為の方法の1つだとは思います。ちなみに、借金額は自宅の評価額と同じ。そして契約者が亡くなった時には、その家を銀行などが引き取るということになります。通常、借金というのは減っていくもののはずなのに、この場合は年々増えていくことになるので「リバース」と名付けられているんです。当然ながらリスクもあります。年金が満額になる以前に亡くなってしまうこと。本来、受け取れるはずの額を受け取れないということになります。更にもっと大変なのが年金が満額になる時点よりも長生きすること。長生きすることはマズイことではありません。しかし、この場合は満額になった時点で家を取られるということになるので、その後どうするの?っていう問題があります。