返済を軽減していく返済額減額型

 期間短縮型と返済額減額型の繰上返済という2種類の方法がありますよね。期間短縮は残りの期間を短くすること、返済額減額は月々の返済を軽減することです。通常は期間短縮型の方が返済には有利だと言われていますけども、これは本当。期間を短縮した方が結果的に利息が軽減出来るんです。ただ、毎月の生活が苦しいような時は無理をせずに減額型を選択した方がいいかもしれません。

 こちらのメリットは繰上返済をして直ぐに、効果が表れること。期間短縮の方は確かに長い目で見れば効果はありますけども、直ぐに違いが分かるってことはありません。無理をした状態で年数を減らすよりも、今、月々の返済額を減らした方が長期間のローンという事から考えると、やっていき易いという面があると思います。また、月々浮いた分をどう使うかによって、減額型の方が有利になる場合もあります。例えば積み立て運用するなどなど。とにかく、どちらも一長一短ですから、繰上返済の方法を選ぶ時には、その時の状況や今後の見通しを考えて決めた方がいいでしょう。余談ですけども、纏まったお金が出来たら直ぐに全額繰上返済に回すというのはお勧め出来ません。経済的変化、子供の教育資金、突発的な支出などを考慮する必要があります。