既に廃止されている段階金利

 段階金利とは昭和57年〜平成17年まで扱われていた制度で、公庫の住宅ローンにおいて最初の10年間と11年目以降〜返済完了までの金利が異なるというものでした。最初の10年間を基準金利、11年〜を段階金利と呼び、最終的には割高になってしまう制度だったそうです。今、住宅ローンで扱われている長期固定金利よりも、結構割高だってことなので段階金利の時に借りた人は、借り換えを選択する場合が多いって聞きます。

 11年目以降の段階金利って4%になっているものが多いらしいですけども、現在の長期固定金利は2%台でしたっけ?今年度の情報ではないので、実際のところ今、何%なのかは分かりませんけども、4%より安いことは間違いないでしょう。先にも言ったように既に廃止されている制度なので、これからローンを組む人が間違ってこれを選択するなんてことはありません。しかし、廃止前に段階金利を選択していて、且つまだ借り換えていない人は借り換えを検討した方が得だと思います。段階金利、つまり11年目以降になった人、11年目が近づいている人は直ぐに検討を始めるべきでしょう。住宅ローン金利はこれから、上がっていくかもしれないって話も聞きますし。尚、基準金利の期間の人も借り換えについて検討を始めた方がいいかもしれません。